大江戸の豪商「両替商」、その驚くべき金融システム

両替商

時代劇を観ていると、金銭のやりとりをする場面を目にすることがあるだろう。
悪徳商人が権力者に献上するのは
山吹き色の菓子こと小判である。
庶民がそば屋に払うのは「~文」と数える銭だ。

もっと時代劇や落語等が好きな人は
一分銀や一朱銀といった貨幣を目や耳にしたこともあるだろう。
こうして、少し挙げるだけでも多様な単位や貨幣が
江戸時代に利用されていたことがわかる。

実のところ、江戸時代は同じ日本国内で
複数の通貨が流通する複雑な金融社会であった。
簡単に言ってしまえば、
現代日本で円とアメリカドルとユーロが同時に流通しているようなものである。

両替商の看板の再現

両替商の看板の再現

このような複雑怪奇な状況において発展したのが両替商である。
彼らは相場に応じて両替を行い、顧客に必要な通貨を融通した。
その様子は、現代の為替取引の先駆けとも言える光景であった。

江戸時代の複雑な貨幣制度

江戸時代に流通していた貨幣は金、銀、銅の3種類である。
この上さらにそれぞれにいくつかの単位が存在するので、簡単に見てみよう。

金の通貨単位は皆さんおなじみであろう、「両」である。
これを基本とし、1/4両=分(ぶ)、1/4分=朱とする補助単位が存在した。
流通した貨幣としては一両判、一分判、二分判、一朱判、二朱判などであった。

これらの金貨幣は一定の形状、重さを持ち、
価値を示す刻印がされている類のものだ。
我々が今使っている円硬貨と同じようなものだと思って差し支えない。

元禄一両小判

元禄一両小判

続いて銀である。
これは金とは対称的に取引の際に重さを量って価値判断をするもので、
通貨単位も重量単位である貫や匁(もんめ)、分(ふん)であった。
貫や匁は現代日本でもたまに目にすることがあるだろう。

ちなみに1匁が3.74グラム前後である。
現代の5円硬貨の重さは1匁であると言えばわかりやすいだろうか。

重さが重要であるだけなので、銀貨幣の形は不定形であった。
一応、貨幣それぞれに重さの目安はあり、
丁銀と呼ばれるものはおよそ43匁、
豆板銀と呼ばれる小さなものはだいたい1~10匁程度のものが流通していたようだ。

文政豆板銀

文政豆板銀

しかし、銀でややこしいのが、
江戸時代の途中から金と同様に一定の形と重さを持つ貨幣がでてきたことだ。
金の一分判、一朱判などの代替貨幣として登場したこの銀貨幣は
一般に一分銀や一朱銀と呼ばれている。

最後が銅貨だ。単位は文。
これは金貨幣と同様に現在の硬貨と同じような性質を持つ。
単一の単位しかなく、我々にも理解しやすい貨幣である。
銭形平次が投げるのもこの貨幣だ。

寛永通宝

寛永通宝

さて、以上のごとく複雑な貨幣制度であるが、
一応公的に決められた交換レートが存在した。
金1両=銀60匁=銅4000文である。
だが、実際には経済状態やそれぞれの貨幣の発行量によって
レートは激しく変動していた。

「東国の金遣い・西国の銀遣い」

伝統的に西日本では銀が、東日本では金が主に取引で使われていたことが
レート変動に拍車をかける。
すなわち、東西日本それぞれの景気変動に
もろに金銀交換レートが左右されたわけである。

これらの貨幣を自在に扱い、
交換レートを決定しながら両替業務を行なっていたのが冒頭にあったように両替商である。
彼らはその手数料で膨大な財産を築いた。
財閥を成した鴻池屋などが有名であろう。

旧鴻池本宅

旧鴻池本宅

両替商の中心となった業務が、
商人や大名を相手にした送金、為替決済、貸し付け、預かりといったものであった。
現代の銀行業務に近く、そのシステムも遜色ないものだ。
例えば為替決済についてはこんな感じである。

江戸の商人越後屋が大阪の商人難波屋から100両で商品を仕入れるとしよう。
越後屋は江戸の両替商に赴き、100両を大阪向けに銀に両替する手数料を加えて振り込む。
両替商は為替手形を発行してくれるのでそれを受け取る。

飛脚に託されて大阪に送られた為替手形を受け取った難波屋は
大阪の両替商に行く。
彼は為替手形を渡して100両相当の銀を受領するのだ。

為替手形

為替手形

逆バージョンもある。
難波屋が代金取立手形を発行して両替商に持ち込み、
手数料を差し引いて銀で代金を受け取る。
大阪の両替商は飛脚で手形を江戸の両替商に送る。
江戸の両替商は手形に基づいて越後屋に代金を請求し、
100両を受け取るわけだ。

こうして、遠隔地で大量の貨幣を輸送する労苦を排した取引を行なうことが
両替商の存在によって可能になった。
金銭のやりとりをした帳尻はあとで両替商の間で合わせればよいのだ。

カネの循環システム

江戸時代は江戸、大阪間で2つの大きなカネの流れがあった。
ひとつは江戸から大阪に流れるカネだ。

「天下の台所」と呼ばれ、
商取引の中心地であった大阪にまずは全国から物資が集まる。
そして大消費地である江戸に送られる。
当然、代金は江戸から大阪に金から銀への両替を経て流れていく。

江戸時代の大坂の様子。『菱垣新綿番船川口出帆之図』

江戸時代の大坂の様子。『菱垣新綿番船川口出帆之図』

もうひとつは上の逆である大阪から江戸への流れだ。
これは諸国大名の江戸で使うための資金調達によるものである。

ご存じの通り、江戸時代の大名たちは参勤交代を強いられ、
領国とは別に江戸で生活するための大量の資金を必要とした。
その資金源は領国で納められた年貢米だ。

年貢米は大阪で売却される。
当然、西国なので銀で代金を受け取るが、
江戸で使うには金に両替して送金しなければならないのだ。
こうして、諸国大名資金は大阪から江戸に流入した。

こうして、江戸・大阪間を循環する安定したカネの流れが実現した。
両替商達はその間にいて、常に流れ、交換されるカネの仲立ちをすることで
絶えることなく利益を得ることができた。

利益の蓄積を行なった両替商達によって、
日本の金融は時代が下るにつれてますます発展していくのである。

Share this post