1847年ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨の特徴を解説!落札価格や発行枚数も

 

これまでに世界で発行されたコインの中で最も美しく、また、手に入れるのも難しいと言われているのが「1847年ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨」です。今から170年以上も前に発行されたこの銀貨がなぜ世界一美しいと言われるのか、そしてなぜ手に入れることが困難なのか、コインの特徴やその背景を解説します。

 

  

1847年ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨の特徴

1847年ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨は、ヴィクトリア女王の即位10周年を記念して発行された5シリングに相当するコインです。直径38mm、重量28.2759gと、現在各国で使われているコインのサイズからすると、かなり大きめで重量感のあるコインです。それだけに見栄えが良く、しかも発行数がわずか8000枚という少なさも手伝って、発行当時から人気を博していました。

 

アンティークコインの中でも類を見ない彫刻の美しさ

▲ヴィクトリア女王の肖像(1843年)

 

1847年ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨のデザインは、世界初の切手のデザインを手掛けたウィリアム・ワイオンによるものです。

このコインの人気をさらに高めたのが、銀貨の両面に施された彫刻の美しさとコインの縁に刻まれたブラックレターというアルファベット文字の美しさ。1847年ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨の表には、冠を戴いた若きヴィクトリア女王の横顔が描かれています。

また、裏面には、中央にイングランドを示す十字架のユニオンジャックが置かれ、その周りに、当時英国を形成していたイングランド、スコットランド、アイルランドのそれぞれの紋章とシンボルとなる花が描かれています。

銀貨の表のヴィクトリア女王の肖像では、女王の若々しい表情がみごとに表現され、また髪の毛や王冠の飾りが実に細やかに表されています。同時に、銀貨の裏面の彫刻も細部にわたり細やかで正確な表現がされており、当時の技術力がいかに高いものであったかを示しています。

1847年ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨が世界一美しい銀貨と言われているのは、このように精密な彫刻が施されていることが大きな理由になっています。

 

アンティークコインとしての価値

一般的にコインのコレクションということでよく耳にするのが金貨だと思います。それは金は空中で錆びず酸にも侵されないため、年月が経っても変質しにくく価値を保ちやすいからです。それに反し、銀には変色したり錆などが発生しやすい特質があります。この変色をコインでは特に「トーン」と呼んでいます。一見、そんな傷つきやすく変質しやすい銀貨に価値があるのかと不思議に思う方もいるかもしれません。ところが、このトーンの度合いを楽しむコレクターも多いのです。

 

ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨の落札価格

1847年ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨も、それぞれの銀貨のよってトーンが異なります。その違いによって価値も変化し、値段が変わることになりますが、世界的にも高い評価を得ている1847年ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨は、その価格も全体的に高く、落札された例では4,400ドル(約47万円)や26,000ドル(276万円)など驚くような高額な落札価格をつけているケースがあります。

 

銀貨のバリエーション

もう一つ、この銀貨の価値に影響を与えているものがあります。それがエッジのバリエーションです。1847年ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨には、エッジのタイプとして大きく分けて「アンデシモ」「プレーン」「セプティモ」の3つがあります。発行された銀貨の内90%はアンデシモで、次がプレーンになります。実はこの銀貨は1953年にもわずかの数ですが発行されていて、その時のエッジにセプティモがあります。このバージョンの発行数は大変少なく、そのためまぼろしの銀貨とも言われています。

 

1847年ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨と英国の歴史

アート的に美しいと言われている1847年ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨ですが、その歴史的な背景を知ると、更に深く楽しむことができるでしょう。1847年当時、イギリスはどんな状況に置かれていたのか探ってみたいと思います。

 

イギリスという国の成り立ち

まずその前に、2019年に日本で開かれたラグビーのワールドカップを思い出してください。あの時、イギリスという一つの国でありながら、イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドと4つのチームが出場していましたね。不思議だと思った人も多いのではないでしょうか。

ラグビーは19世紀にイギリスで始まったスポーツですが、そのずっと前、イギリスにはこの4つの国が別々に存在しており、一つの国として統合された後も、ラグビーにおいては、この4つの地域がそれぞれラグビーリーグを形成していたのです。それが今でも残っており、別々のチームとして出場したというわけです。

主要国であるイングランドは、この4つの国を一つの国として統一する際に、武力を行使して各国に侵攻して行ったのです。ところがこの中でアイルランドだけは最後まで抵抗し続けました。その抵抗の様子には激しいものがあり、アイルランド問題は「喉にささった骨」とまで言われました。そして1905年、ついに独立を果たしたのですが、すんなりと独立できず、アイルランドの北部をイングランド領として取られてしまいました。この北部は「北アイルランド」として現在でもイギリスの領土になっており、イギリスの正式名も「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」になっているのです。

 

ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨に反映された当時の情勢

▲アイルランドのシンボル「クローバー」の緑を身に着け、紋章に使われているハープを演奏する人

さて、こうした歴史を踏まえて1847年ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨の裏面をもう一度見てみましょう。

裏面には中央にイングランドを示す十字架のユニオンジャックが置かれ、その周りに、当時英国を形成していたイングランド、スコットランド、アイルランドのそれぞれの紋章とシンボルとなる花(国家)が描かれています。

ところがよく見ると、スコットランドとイングランドの紋章と国花はそれぞれ1セットなのに、イングランドの紋章と国花であるバラの花は2セットあります。なぜ2セットあるのでしょうか。それは、1セットは本国イングランドを表し、あとの1セットは、すでに併合が確かなものであったウェールズの存在を表すものだと考えられます。

かつてはウェールズも独立した国であり、しっかりとした紋章が(今でも)あるのですが、コインにはそれが描かかれていません。つまり、ウェールズの紋章と国花を描かないことで、他の2つの国スコットランドとアイルランドも確実に併合して、やがてはイングランドの紋章と国花で置き換えたいというイングランドの願望をあらわしているのではないでしょうか。 

 

ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨に刻まれた文字の意味

実際、1847年ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨が発行された翌年1848年には、青年アイルランド党率いる蜂起が起こっていることを考え合わせると、この時代のイギリスにおける政治情勢がいかに不安定なものであったかが伝わってきます。そしてその不安定な情勢を解決し、一つの国家として成立したいという願望がコインにも表現されたのでしょう。

それは、次のような、銀貨の表裏に刻まれた文字にもよく現れています。

<表面>

 英国の女王にして信仰の守護者、神の恩寵によるヴィクトリア
 Victoria dei gratia britanniarum regina fidei defensor

<裏面>

 神よ連合王国を守り給え、西暦1847年
 tueatur unita deus anno dom mdcccxlvii

 

まとめ

1847年ヴィクトリア女王ゴシッククラウン銀貨がなぜ世界一美しいと言われるのか、銀貨のデザインの特徴を中心に解説しました。同時に、この銀貨が作られた当時の時代背景を参考にしながら、裏面に描かれた紋章がどのようなことを意味するのかにも触れました。歴史の一こまを反映するアンティークコインとして、更なる価値を見出していただければうれしいです。