メロスを走らせた猜疑心の塊の暴君はこの人です【Coin of the day】

古代ギリシャ ディオニュシオス1世 テトラドラクマ 紀元前405-367年 NGC AU

今日はかなり状態のいい古代ギリシャのコインを
集めてみました。
紀元前の者とは思えない、細部までくっきりとした意匠や
躍動感あふれる動物等、本当に美しいです…!

一枚目の「ディオニュシオス1世」、古代の人々の間では
残虐で猜疑心が強く執念深い、「最悪の暴君」のひとりと
みなされていたそうです。

民主政治がうまく機能していたシラクサ(シュラクサイ)を
独裁的に支配し、各地の都市国家を次々に征服した彼は
常に自分の命が狙われる危険を感じ、誰も信じられない日々を
送っていました。

一説には、寝込みを襲われるのを防ぐために毎日寝室を変え、
召使たちにもどの寝室を使うかは知らされていなかったため
毎晩召使はひとつひとつ部屋を確認して王を探さなければ
ならなかったとか…
また、散髪も実の娘にさせていたそうです。
これは理髪師が買収されて、剃刀で自分の命を奪うのでは
ないかという不安からだったそう。
娘でさえも完全に信じることはできず、ハサミや刃物は
使わせずにクルミの殻をこすり合わせた摩擦熱で
髪を切らせていたということです。

一時も気の休まることのなかったであろう王としての生涯、
権力はあっても、幸せだったのだろうか…と
考えてしまいますね。

太宰治の作品「走れメロス」に出てくる「暴君ディオニス」の
モデルとなったのもこのディオニュシオス1世でした。

Share this post