1923年 ドイツ ウェストファーレン 1兆マルク ハイパーインフレーションコイン ギルト

/

第一次世界大戦後のドイツは激しいハイパーインフレーションに見舞われ、紙幣は紙くずとなり正貨(金貨)1マルクに対する紙幣の交換率は1923年11月には1兆マルクを超えてしまいました。

 

1918年12月・・・2マルク
1919年12月・・・9マルク以上
1920年12月・・・16マルク以上
1921年12月・・・39マルク以上
1922年6月・・・79マルク以上
1922年9月・・・327マルク以上
1922年12月・・・1,577マルク以上
1923年3月・・・4,901マルク以上
1923年6月・・・34,843マルク以上
1923年7月・・・228,832マルク以上
1923年8月・・・2,207,505マルク以上
1923年10月・・・38,910,505,836マルク以上
1923年11月以降・・・1,000,000,000,000マルク以上(1兆)

 

ドイツ帝国時代の20マルク金貨は紙幣20兆マルク以上と交換可能となりましたが、誰も好んで紙幣に交換するものはいなかったでしょう。

この時期の政府発行の紙幣の信用失墜に伴い、ドイツ各都市で緊急紙幣、通貨が発行され、さらに経済の混乱に拍車をかける結果となってしまいました。

 

この時期発行された特に有名な緊急貨幣がウエストファーレン州で発行された一連のハイパーインフレーションコインです。

1921年~1923年に発行され約20種類あります。

表面のデザインはバラエティがありますが、裏面がウエストファーレン州章である跳馬で統一されており、見事なシリーズを形成しています。

 

この1兆マルクのギルト貨(メッキの意味)は発行枚数約500枚とされています。

約というのは正確に記録されていないからなのですが、実際にマーケットにほとんど出てこないため、約500枚という数字も怪しいと目されています。(実際はもっと少ないのでは?)

ドイツに長年住んでいたコレクターの方もドイツ国内でほぼ見かけることはないという種類のコインです。

 

インフレ対策の緊急貨幣の性格をもって発行されたコインですが、一部にはオリジナルボックスが存在するものがあり、販売用の記念品という性格も一部あったようです。

一方では、最高額面の1兆マルクですらも流通の痕跡があるものも存在し、実際に使われていたことも事実です。

コインとしての希少性もさることながら、ハイパーインフレーションの様子を生々しく残している歴史的資料としても超一級品です。

 

現在の日本ではハイパーインフレの可能性は低いとは思われますが、世界では現実に近年もハイパーインフレに見舞われている国があるのも事実です。

過去には経済がこのように混乱し、現在でも世界のどこかで同じことが起きている。現代の日本でも同じことが起きない保証はないという戒めとなるコインです。

 

(文章参考:The File of Excellent Coin)

 

 


商品をお探ししますので、下記の「このコインについて相談する」ボタンよりお気軽にお問い合わせください。

このコインについて相談する💬

※グレード、類似コインや年号違い、価格について表示価格よりもお安く提供できる可能性もございます。お気軽にご相談ください。

お電話での問い合わせ
050-5305-5809 平日9時〜17時30分

※電話でのお問い合わせの際は、コイン名と価格をお伝えください。

第一次世界大戦後のドイツは激しいハイパーインフレーションに見舞われ、紙幣は紙くずとなり正貨(金貨)1マルクに対する紙幣の交換率は1923年11月には1兆マルクを超えてしまいました。

 

1918年12月・・・2マルク
1919年12月・・・9マルク以上
1920年12月・・・16マルク以上
1921年12月・・・39マルク以上
1922年6月・・・79マルク以上
1922年9月・・・327マルク以上
1922年12月・・・1,577マルク以上
1923年3月・・・4,901マルク以上
1923年6月・・・34,843マルク以上
1923年7月・・・228,832マルク以上
1923年8月・・・2,207,505マルク以上
1923年10月・・・38,910,505,836マルク以上
1923年11月以降・・・1,000,000,000,000マルク以上(1兆)

 

ドイツ帝国時代の20マルク金貨は紙幣20兆マルク以上と交換可能となりましたが、誰も好んで紙幣に交換するものはいなかったでしょう。

この時期の政府発行の紙幣の信用失墜に伴い、ドイツ各都市で緊急紙幣、通貨が発行され、さらに経済の混乱に拍車をかける結果となってしまいました。

 

この時期発行された特に有名な緊急貨幣がウエストファーレン州で発行された一連のハイパーインフレーションコインです。

1921年~1923年に発行され約20種類あります。

表面のデザインはバラエティがありますが、裏面がウエストファーレン州章である跳馬で統一されており、見事なシリーズを形成しています。

 

この1兆マルクのギルト貨(メッキの意味)は発行枚数約500枚とされています。

約というのは正確に記録されていないからなのですが、実際にマーケットにほとんど出てこないため、約500枚という数字も怪しいと目されています。(実際はもっと少ないのでは?)

ドイツに長年住んでいたコレクターの方もドイツ国内でほぼ見かけることはないという種類のコインです。

 

インフレ対策の緊急貨幣の性格をもって発行されたコインですが、一部にはオリジナルボックスが存在するものがあり、販売用の記念品という性格も一部あったようです。

一方では、最高額面の1兆マルクですらも流通の痕跡があるものも存在し、実際に使われていたことも事実です。

コインとしての希少性もさることながら、ハイパーインフレーションの様子を生々しく残している歴史的資料としても超一級品です。

 

現在の日本ではハイパーインフレの可能性は低いとは思われますが、世界では現実に近年もハイパーインフレに見舞われている国があるのも事実です。

過去には経済がこのように混乱し、現在でも世界のどこかで同じことが起きている。現代の日本でも同じことが起きない保証はないという戒めとなるコインです。

 

(文章参考:The File of Excellent Coin)