アンティークコイン投資は「儲からない」ってホント?コイン投資について詳しく解説

 

近年、アンティークコイン投資に注目が集まっています。アンティークコインは貴金属や美術の価値を合わせ持っており、希少性の高いコインであれば、年月が経つほどに値上がりが期待できるものもあります。

 

しかし、必ずしも購入したコインが値上がりするとは限らず、せっかくコインを購入しても価格が下がってしまったり買い手がつかなかったりとデメリットもあります。アンティークコイン投資を始めても「儲からない」のではないか、と不安に思う方も多いでしょう。

 

今回はアンティークコイン投資の特徴や成功のために押さえておきたいポイント、おすすめのアンティークコインなどをご紹介していきます。実際のところどうなのか疑問や不安を解決していきましょう。

 

 

そもそもアンティークコイン投資とは

まずは、そもそもアンティークコイン投資とはどのような投資方法なのでしょうか。

 

アンティークコイン投資とは、簡単にいえば、価値のある古いコインを購入しておいて将来値上がりした時に売却して利益を得る投資方法です。

 

アンティークコインコイン投資のメリットは、貴金属投資の安定性と美術投資の価格高騰の可能性を備えていることです。金融市場の価格変動の影響を受けにくく、かつ年月とともに希少性が高まり値上がりが期待できることが魅力となっています。

 

アンティークコイン投資は儲からない?

アンティークコインとひとことでいっても、世界中に数え切れないほどの種類があります。アンティークコインの歴史は非常に古く、通貨や貴金属の歴史とともに紀元前にまで遡ります。

 

市場に出回るアンティークコインのコインの種類は数十万~数百万に及び、その中から人気が出て値上がりが期待できるコインは数百種類だといわれています。つまり、すべてのアンティークコインが必ず値上がりするわけではないのです。

 

結論をいえば、選ぶコインによって「儲かる」場合もあれば、「儲からない」場合もあるのです。これは、どんな金融商品にもいえることですが、先のことは誰にもわかりません。投資に「絶対」はないのです。しかし、先がわからないからところに、儲かるかもしれない投資の醍醐味があるのだといえます。

 

アンティークコイン投資で儲けるために意識すべき3つのポイント

では、アンティークコイン投資で儲けるためには、どのようなことを意識すればよいのでしょうか。ここでは将来値上がりが期待できるコインの3つのポイントを見ていきます。

 

コインの希少性

まず、意識したいのはコインの希少性です。いつでも何処でも簡単に購入できるコインは、なかなか価格が上がりません。むしろ、売り手の数が増えすぎて価格が下落することさえあります。

 

本来の発行枚数が少ないコイン、古すぎてグレードの高いコインが少ないもの、市場にあまり登場しないようなコインなどは値上がりしやすい傾向にあります。

 

コインのグレード

次に抑えておきたいポイントは、コインのグレードです。全く同じコインであっても、グレードの優劣によって価格には大きな差が出てきます。

 

完全未使用品や美しい状態のコインに数百万~1千万円以上の値がついたとしても、劣化が激しいものは数千円、数万円の価格で売買されることもあります。

 

安いからといって、グレードが低いコインを購入しても売却時には同様に安い値でしか売れないケースがほとんどです。できるだけグレードが高いコインを購入することが大切です。

 

コインの需要・人気度

そして、最も重要なポイントとなるのは、そのコインの需要や人気度です。いくら希少性が高くグレードの良いコインを購入したとしても買い手がつかなければ売却できません。

 

そのコインのデザイン、人物、年代、テーマなど人気が集まりやすいもの、あるいは人気が集まるだろうと予想されるコインを選ぶ必要があります。

 

アンティークコイン投資で理解しておくこと

希少性が高く、グレードも良好、さらに人気があるコインを購入したとしてもアンティークコイン投資で成功するためにはいくつか注意しておくことがあります。

 

短期で儲けは出ない(長期目線で投資する)

アンティークコインは基本的に価格が上昇するまでに年月がかかります。購入してから数日、数週間程度で価格上昇が狙えるものではありません。アンティークコイン投資は5年、10年、20年と長期的な視野で取り組む投資方法です。

 

購入時よりも希少価値が高くなったり、人気が上昇したりするのを年月をかけて気長に待たねばなりません。いざ入手が難しい、人気が集中したりするタイミングでグレードが高いコインを持っていると、思った以上の価格で売却できる可能性があるというわけです。

 

情報収集を怠ると良いコインは手に入れられない

どのコインなら将来値上がりがするのか100%確実な答えはありませんが、希少価値、グレード、人気と3拍子揃ったコインは値上がりする可能性を秘めています。

 

では、希少価値、グレード、人気の要素を合わせ持ったコインはどれなのか、それを知るためには普段から入念な情報収集が欠かせません。ネット検索やコインカタログからアンティークコインの様々な情報を調べるようにしましょう。

 

アンティークコインは欧州・欧米が主要市場となりますので、可能であれば海外のサイトも参考にしたいですね。

 

コインは余剰資金で購入する

アンティークコインに限ったことではないのですが、投資とは必ず余剰資金で取り組むことが非常に重要なポイントです。なぜなら、金融商品の売買は、時期やタイミング、売り手や買い手の思惑から価格に大きな差が出てくるからです。

 

より有利な価格で売買を行うためには、「その価格なら買わない」「その価格なら売らない」といった余裕や駆け引きが必要になります。納得がいく価格で売買するためにも、使うあてのない余剰資金にてコインを購入しておくことが大切なのです。

 

まとめ

アンティークコイン投資は、「儲かる」のか「儲からない」のかは、選ぶコイン次第だといえるでしょう。では、どのコインなら絶対に「儲かる」のかとの問いに正しい答えはありません。先々でどのコインの価格が上昇するのか、それは誰にもわからないのです。

 

5年、10年、20年と経つうちに手持ちのコインが数倍に高騰することもあれば、買い手が見つからず思い悩むこともあるかもしれません。そこで、少しでも儲かる可能性を高めるためには、コインの希少性・グレード・人気度を自分なりに調査・分析していくことが欠かせません。

 

長期的な視野でしっかりと情報収集を行い、資金的に余裕を持った売買計画が大切です。コイン選びやコレクションを愉しみながら、じっくりと気長にアンティークコイン投資を行ってみましょう。